戸建てと集合住宅での違い

フレッツ光は建物の中で使うケーブルの種類のよってプランが違ってきます。
特に戸建てと集合住宅は違いが激しいのが特徴です。
では何で戸建てと集合住宅に違いがあるかということなのですが、
それは建物のつくりによって光ファイバーの配線ができないことがあるからです。
特に集合住宅はフレッツ光を使うために必要な光ファイバー配線が設置できないことがよくあります。

それはなぜかと言いますと、集合住宅は建物の設計上光ファイバーの導入が難しいことにあります。
これは建物をリフォームしなければいけないものですから、もし集合住宅でしたら素直にあきらめたほうがいいでしょう。
でも、絶対にフレッツ光ができないというわけではありません。
そういう時は光ファイバーを共有設備に繋いだ後にそこから従来の銅線を使って通信することになります。
この銅線を専門用語でVDSLと呼ぶのですが、VDSLは家庭内にあるホームゲートウェイには銅線を経由して接続することになるため、光ファイバーしか対 応していないフレッツ光のサービスは加入できないことが多いんです。
光ファイバーしか対応していないフレッツ光のサービスというのは代表的なものにフレッツテレビがあります。
ですから、集合住宅でフレッツテレビなどの光ファイバーしか対応していないフレッツ光のサービスを利用すると考えているのでしたら、あらかじめ調べておく とよいでしょう。